スタッフ紹介

西森 大洋Tomohiro Nishimori
出身地
高知県
所属学会
日本獣医師会、日本獣医学会、動物臨床医学会
専門分野
血液病学
好きな動物または飼っている動物
犬、猫
卒業年度
2013年

インタビュー

ご経歴についてお聞かせ下さい。

子どもの頃に飼っていたダックスフントが可愛くて、獣医になることに決めました。
学生時代は酪農学園大学で内科学を中心に勉強し、現在も内科系の疾患を中心に診療しています。

山陽動物医療センターを就職先として選んだ理由を教えて下さい。

大学の指導教員から「顕微鏡を見ることにそんなに興味があるのなら血液病学を勉強してはどうか」と勧められ、その分野で専門性が高い山陽動物医療センターに勤務を決めました。

獣医師として働く上で、山陽動物医療センターの魅力は何ですか?

病気を治療できること。動物病院なのだから病気を治療できるのは当たり前と思われるかもしれませんが、実際には言葉が話せない犬や猫の病気を治療するためには、まず病気を見つけるところから始めなければなりません。

そのためには、さまざまな治療機器や薬が必要です。当院にはそれらの検査機器、治療機器、薬が豊富に存在し、あらゆる病気に対応できる設備が整っていると思います。

どんな時にやりがいを感じますか?

病気が治った時、もしくは病気をもった犬や猫が本来の寿命と変わらない生涯を終えられた時に、獣医療があってよかったと思えます。

他の獣医師、スタッフとの連携や人間関係はどうですか?

複数の獣医師がいることで、それぞれの得意分野を生かした診療が可能になっていると思います。

今後の目標についてお聞かせ下さい。

一般的な診療については十分な知識と技術を得ることができたと思うので、今後はより自分の得意とする血液病学や内科学についての専門性を高めていこうと思います。

応募を検討中の皆さんへメッセージ

山陽動物医療センターにはあらゆる病気の症例が来院されます。そのため、一次診療のみならず二次診療のレベルを含めた、さまざまな知識を身につけざるをえない環境にあります。

そのような環境で診察をしていけば、必ず今後の自信につながるものが得られるはずです。獣医師として自分を鍛えたい人には、最高の環境だと思います。

私のキャリアステップ

【入社2年目後半】総合的な診察を経験

特定の分野に限らず、交通事故やエマージェンシーなどを含めた総合的な診察をしていました。

【入社3年目】難易度の高い手術も担当

乳腺腫瘤摘出や膀胱結石など、少し難易度の高い手術も担当しています。